社会福祉法人のゆり会 のぞみ牧場学園 home お問い合わせ home お問い合わせ home お問い合わせ home
のぞみ牧場学園とは? 療育・療法の環境 保育の様子 入園案内 のぞみ発達支援室きさらづ 社会福祉法人のゆり会 お問い合わせ
社会福祉法人 のゆり会
のぞみ牧場学園
千葉県木更津市真里谷2374-1
Tel:0438-53-5222
Fax:0438-53-5223
卒園児保護者会 花の木会
 
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
施 設 見 学 会
〈 わーくはぴねす農園 〉
〈 シーモック 〉
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
 

平成29年11月14日(火)に施設見学会に行きました。
今回は、市原市今富の「わーくはぴねす農園 市原ファーム」、
同じく市原市糸久の「シーモック」の2施設を見学しました。

《わーくはぴねす農園》

 

↑ 作業中の畑で説明してもらいました。

 
 

 

↑ このような道具を使って、種まき用の穴をあけるのだそうです。

 
  ↑ ウェルカムボードまでご用意いただきました。 ↓ ハウスがたくさん。   
 
 

 
 

新鮮なお野菜のお土産までいただきました!
ありがとうございます!

〈 参加者の感想 〉

《わーくはぴねす農園》という㈱エスプールプラスが運営する企業向けの貸し農園に行ってきました(一般就労)。
ここは広めのビニールハウス1つを、障がい者の方々3人と農場長1人が受け持ち、ハウスごとに所属企業が違う仕組みです。
農園参入の企業は、農業に特化している企業ではありません。有名な大企業もたくさん参入していて驚きました。
障がい者の方々が作った野菜は、所属会社の社員食堂で使用したり、本支社の社員に配布し、喜ばれているそうです。
ノルマはなく、楽しみながら野菜を作り、長く働ける環境を作るのがこの農園の目的です。
実際にビニールハウス内で働いているところを見られなかったのが残念でしたが、農園スタッフの方々はとても明るい印象でした。
わーくはぴねす農園の皆様、どうもありがとうございました。

【14期 角田】 

 

昼食は、ふさのえき食堂でいただきました。

 
  ↑「串揚げフライ定食」  ↓「ごちそう丼」   
 
 
↑「刺身定食(煮魚)」

おいしいお食事をいただきながら、
午前中の見学の感想を話し合ったり、
最近のお子さんの様子などの
情報交換をしました。

↓「びっくり穴子天丼」に、び~っくり!! 
 
 

《 シーモック 》

 

↑ お菓子作りの様子。

↓ 細かい作業にも集中して取り組んでおられました。

 
繁忙期でお忙しいところ、見学させていただきありがとうございました。
グループホームでは、皆さんお洗濯は自分でされているとのことで、驚きました。
 

〈 参加者の感想 〉

雨が降りそうな灰色の空。房の駅でランチを終えてギリギリまで過ごした数分後。
シーモックに着きました。多機能型福祉作業所として、就労継続B型の菓子製造販売と日中一時支援を運営されている施設です。生活介護もあり、事業所から車で5分ほどの閑静な住宅地にグループホームがあります。
先ずはグループホームへ。外観はアパート。内部は改装した居室がいくつかありました。エピソードを伺いながら、入居者の生活を感じ、食卓でホームの来歴を伺いながら、お茶をいただきました。
作業所に戻り、玄関から漂うアットホームな空気を感じて、作業場へ。焼き菓子作りや箱詰め、封筒分けをされながらも「こんにちは!」と元気にお声をかけて下さる方々。注文は多様に受けられているそうで、発送に向けて皆さんがんばっておられました。
日中一時に来られている方々は、目標を持って過ごされていました。
窓口からの香ばしい漂いに、クッキーを何種類か購入させていただき、帰路につきました。
シーモックの皆様、貴重な体験をさせていただきまして、ありがとうございました。

【7期 市倉】

 
 
 
 
 
お問い合わせ home